吉田 晃永

(ヨシダ テルナガ)


生年月日: 1965年
出身地: 茨城県日立市

 

[履 歴]

 

1965年 茨城県日立市生まれ

 

中学時代の1978年頃、日本初のパーソナルコンピュータ(NEC PC8001)を買ってもらい、その頃からプログラミングを始めるようになる。茨城から秋葉原に通っては、様々な電子部品を購入して組立てを行なっていた。

また高校に入るとバイクに没頭し、ガレージ一杯のバイクを分解、組立て、加工などを行いながらレースに参戦するようになる。

 

高校を卒業すると日本電子専門学校(新宿) CG設計科に入学。当時3D-CGが産声を上げた頃にプログラミングによるCGを描くなどしていたが、これに魅力を感じず、この時「工業デザイン」という世界を知り、それを目指すために中退する。(1987年)

 

その後「工業デザイナー」に成るための情報を収集し以下のようにデザイナーへの一歩を歩みはじめる。

 

写研 写植オペレーター養成学校(東京 大塚)

     ↓

グラフィックデザイン事務所(茨城)

(デザインアシスタント及び写植オペレーター、版下フィニッシャーほか)

     ↓

(株)日立製作所 日立工場内 CADセンター(グラダスセンター)(茨城 日立)

 2D-CAD(Hi-CAD)にて原子力発電所用タービンケース(低圧、高圧)等の2D図面制作に従事  

     ↓

(株)リクルート 広告事業部 採用開発部 制作2課 原稿担当(東京 銀座等)

  制作スケジュール管理、クライアントへのデザインプレゼンテーション担当

     ↓

 東京デザイナー学院(東京 お茶の水)

  工芸工業デザイン科 卒業

 (※リクルート終了後夜間に通学

     ↓

自動車用品メーカーAutolook(東京都白金・五反田、埼玉県大宮、他)

 自動車用品などの商品企画開発全般に携わる

 商品企画、市場/知財調査、コンセプトワーク、製品デザイン、パッケージデザイン、

 展示会ブースデザイン、印刷物デザインなど、商品開発に必要なワークを一通り行う

 またMS-DOSを習得しPCでの効率化を率先して行なうとともに、当時は未だ一般的ではなかった

 2Dや3D-CGを使ってのデザイン開発プロセスを構築していった。

     ↓

1995年9月

デザインオフィス・アルテサーノ 開業(千葉 松戸)

 各種実績は下記

http://www.terunaga.com/about-artesano/

その後 茨城県日立市に移転

     ↓

2013年7月 アルテサーノ・デザイン合同会社へ法人化

 

https://www.terunaga.com

 

----- 

・2000年より社団法人日本インダストリアルデザイナー協会へ正会員として

  2009年度よりJIDA東日本ブロック選挙によりブロック長に就任(3期6年間)

  2015年度よりJIDA理事【東エリア(関東・東北・北海道を担当)】(1期2年間)

  東エリア ギャラリー部会長、事業委員会 パッケージデザインパビリオン運営部会長、ほか

    

・2005年社団法人日本パッケージデザイン協会 正会員

  デザイン保護委員会委員

 

・東京デザイナー学院 プロダクトデザイン科 非常勤講師

    3D-CAD(Rhinoceros)

   PC技法(Adobe Illustrator,Photoshop)

   キャリアデザイン

   素材表現技法(特別講義)

   パッケージデザイン発想法(特別講義)

   ほか

・日本デザイン学会 正会員

 



IT Search (主催:マイナビ)

12月13日(火)13:30〜14:10 

3D-CAD系 基調講演予定

「魅力あるプロダクトを生み出すための

  3Dデザインプロセス」

場所:新宿マイナビルーム(新宿エルタワー)

IcT業界の皆様に向けて講演

https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/54

(2016.12)


[講演]

solid Thinking CONVERGE (日本科学未来館) 

2016.10.14 15:30〜16:00

※3D-CADを使用したデザイン関連で講演しました。

「アナログとデジタルの

  はざまに於けるプロセス」

http://event.converge2016.com/japan

(2016.10)


第四回パッケージデザインパビリオン inTokyoPack2016講演

2016年10月4日(火)〜7日(金)

2016東京国際包装展[TokyoPack2016]

(東京ビッグサイト)

「プロダクトデザイン的パッケージ開発」

(2016.10)


[講演]

■2016.9.3(土)14:30-15:15

ジャパンジュエリーフェア2016 セミナー

(東京ビッグサイト)

「プロダクトデザイナーが伝える

      ブランディングの手解き」

http://www.japanjewelleryfair.com

(2016.09)


[3Dミライデザイン]で講演しました

日時:2016年3月17日(水)18:30-21:00

場所:DMM.make AKIBA

出演:第一部 デザイナーがつくるミライ

入場:180名様

第二部では、業界初大手CADメーカーディスカッションがあります。[ソリッドワークス、Rhinoceros(アプリクラフト)、オートディスク、solidThinking]

主催:アルテアエンジニアリング

>オフィシャルサイト

[2015 JAPAN ALTAIR

 テクノロジーカンファレンスで基調講演

日時:7月8日(水)10:00-17:00

場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京

solidThinkingデザインコミュニティ

テーマ:プロダクトデザイン開発におけるツール活用術

>オフィシャルサイト

(2016.03)


-  -  -  -  -

[基調講演] プロダクトデザイン開発におけるツール活用術 “ものづくり”と密接するプロダクトデザイナーが、どのようにして「カタチ」を構築していくのか?またそのプロセスではどのように3D-CAD等のツールを使い、そのデータを効果的に活用しているのか?3Dプリンターやレンダリングの効果的な使い方などを織り交ぜながら、これからデザインを取り入れたり、デザイナーに依頼をしたい方向けに、デザイナーの思考や注意点を解説。

(2015.07)

【学生設計優秀作品展】-建築・都市環境-

 [レモン展]

6月1日 明治大学 クリエイティブコモンズ

特別企画「ポートフォリオレビュー」 

公開審査審査員

(「吉田賞」も選定、授与)

多くの大学の建築、都市、環境系学生が参加する「学生設計優秀作品展」(通称レモン展)。

特別企画「ポートフォリオレビュー」公開審査会審査員を務めさせて頂きました。

挑戦的な作品から、正統派の作品まで何れもクォリティが高く審査は難航しました。自分の学生時代を思い出し、若い発想のエネルギーを感じます。尚僭越ながら吉田賞なるものも選ばせて頂きましたが、これも甲乙付け難く、審査の難しさを改めて実感した1日でした。 因みにこの台は綿棒で組まれたトラス構造体です。

(2015.06)


【いばらきデザイン・ラボ】

 セミナー

「設計×美 の初歩」を、ものづくり企業の設計者やマネージャーを対象とした内容にてセミナーを開催。

 

 

2日間に亘り下記のデザインセミナー開催

[1日目]

1-1.あるべき「カタチ」の探しかた

1-2.「美しさ」の組立てかた

2-1. 美しさを3Dで表現するのコツ

ものづくり設計にデザイン的思考を注入し

魅力を付加させる基本的な方法など..

[2日目]

2-2. 3Dプリントとプロトタイピング

2-3. 業界最新事情と応用方法

3D-CADによるカタチの追い方のデモや、3Dプリントサンプルを見ながらの説明、魅せるレンダリングなど..

(2015.1)