パッケージデザインパビリオン in TOKYO PACK 2018

Tokyo Pack 2018 特設会場、第五回パッケージデザインパビリオンに出展、及びセミナーを致しました。

[高級紙器量産ディレクション(大型高級化粧ダンボール、高級貼箱)事例や、3D系サービスのご紹介を主にさせて頂きました]

 

また今回も、パビリオン全体の企画運営から、Tokyo Pack2018会場マップ制作までを担当させて頂きました。

 

展示バナー



■デザインセミナー

「3Dを駆使したプロダクトデザイン的パッケージ開発」を講演させて頂きました。次のデザイン画像はセミナーにてお話した一部の、パッケージ仕様を検討しながら成型ケースに至るプロセスを掲載しています。



通常の3Dプリターの100倍の速度を誇り、量産を可能にした3Dプリンターのサンプルや資料など紹介をさせて頂きました。機器の導入や出力サービスなどご興味がございましたら、ご連絡ください。



■パッケージデザインパビリオン(PDP)の企画運営を第一回目より担当しております[JIDA事業委員会PDP運営担当として

第一回PDP:デザイナー展示企画及び出展システム構築

第二回PDP:パビリオン内デザイナー連続セミナ併催企画

第三回PDP:デザイン保護協会等知財系団体参加
第四回PDP:日本弁理士会ブース設置、プロダクト&グラフィック系小ブース新設定

第五回PDP:各種向上のための調整

主催:公益社団法人日本包装技術協会

運営:公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会

   東日本ブロック 事業委員会 PDP運営部会

協賛:公益社団法人日本パッケージデザイン協会

   公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会

   一般社団法人日本デザイン保護協会
   日本弁理士会

協力:日本デザイン団体協議会(D-8)デザイン保護研究会

 

>>パビリオンオフィシャルサイト

パッケージデザインパビリオンのマークは、PDPの頭文字Pとdをモチーフに、末永い発展を願い∞(無限大)を表現してデザインしたマークとなります。



■弊社がデザインを担当した会場配布MAP(メインイメージイラスト除く)